先日、こんな事がありました。

単体テストが終わって、エンドユーザーの受け入れテスト(UAT:User Acceptance Test)をして頂いてました。

すると、夕方17:00頃に、「プログラム実行しても、データ処理されてない。」とユーザーからメールが来ました。

既に、私は他の案件に着手していて、そつちも早く終わらせて欲しいとリーダーから言われてるので、困りました。

身体は一つしかないので、一つ一つ片付けないと、いくつもの案件を抱え込む事になるので、まずは、UATを進めてもらうためメールの件を調査しました。

すると、開発時にエンドユーザーから提供してもらったサンプルデータとUATで使ったデータのフォーマットが違ってたのが原因でした。

なんだよ!開発時点で、運用と同じデータ提供してもらえたら、それなりのプログラミングしたのに!

とカッとなりました。

リーダーに報告したら

「まぁ、サンプルはサンプルなんで、

本物はこっち(UATで使った方)でしょ。」

と言われました。

肝心の期限については、何も言われませんでした。

「言わないでも、分かるでしょ」と言う意味かと思って、自分からも聞きませんでした。

20:00頃になって、リーダーが帰り支度しはじめたとき、私にこう言いました。

「万が一、最終退場になったら、部屋の鍵を隣の部屋から借りてきて。」

しかも

「申し訳無いけど、お先に失礼します。」とも何も言わずに帰られました。

その時、私は、「冷たいなぁ」と思いました。

何も言わないという事は、明日でも良いのか?

イヤ、万が一、最終退場になったら•••という言葉の意味は、今日中にケリをつけてという事か?

早くやらないといけない事は分かってる。

でも、早く帰るつもりだったので、明日にしようか?

でも、このまま帰っても、明日、報告しずらいし、、、

いろんな事を考えました。

結局、今、直すことにしました。

直してみたけど、途中で間違いに気づき、方式を変えてやり直ししたり

その間、カミさんに、「遅れます」メールをしたり。(家事も遅れるし、迷惑かけるなぁと思ったり、、、)

早めに方式を変えたのが良かったのか、

思ったよりはやく直せました。

解決してしまえば、大した事ないと思ますが
それまではのストレスは相当ですね。

非常に辛かったです。

こういう状況は、よくありますね。

私は、こういう状況の時の対応の仕方が非常に大事だと思います。

「エンドユーザーが初めからちゃんとしたデータを提供されなかったんだから」

とか

「リーダーが明確に指示しなかったんだから」

とか、

外的要因に目を向けると、やってらんねぇ となってしまいます。

でも、視野を広げてみると

リーダーも沢山の案件をこなす為に

一件一件確実にスケジュール通り完成させないと、上からも責められる。

エンドユーザーも、いろいろな部門の考えをまとめて、、確定した物を提供できる状況は難しいし、その辺の柔軟性をソフトウェアに求めている。

そして、今、一番早く対応できるのは、

実際に作った人、つまり自分しかいない。

例え、プログラミング技術が自分より高い人でも、今すぐに対応出来ないんです。

リーダーやエンドユーザーから、直ぐに対応して欲しいと、期待されているんです。

こういう状況で、期待に応えられると信頼度がアップするのかと思います。

私は、最近チョンボが多くなってきたので、今回ので少しは挽回出来たかな?と思います。

勘違いしないでほしいのですが、

いつも、何か何でも頑張れと言ってる訳ではないです。

予定があって、出来ない時は出来ないし、

どんなに調べても、難しい時もあります。

ここで言いたいのは、外的要因だけに目を向けてしまうと、腹立ってきますので、広い目で見て欲しいと言う事です。

ストレスを抑える方法として参考になれば幸いです。