久しぶりに、気持ちいい人を見ました。

私の隣で作業している、同業他社のMさんは
Webアプリケーションの開発をやっています。

ある日、MさんがリーダのKさんに相談していました。
私が耳をすまして聞いてみると
(私もよく分かっていませんが)
どうも、イベント発生の仕組みが分からないみたいな事を
言ってました。

2人でいろいろ悩んでおられましたが、
埒(らち)が明かず、Kさんが隣の部屋にいる方(名前は知らないが
同業他社の方で、Aさんとしておきます。)に来てもらい、
現象を見てもらっていました。

Aさんも、「うーん」と唸り、すぐには解決できない様子。
で、Aさん、「ちょっと調べてみます。」といって自分の席に
戻られました。

2時間ぐらいしてから、Aさんが戻ってきて、
「分かりました! ASPの場合・・・・Microsoftは・・・・」
と説明されてました。
その説明のしかたも、キレがいい。

で、私が感動したのが、Aさんの最後の一言
「いやー、楽しかったです。ありがとうございました。」
と言って部屋を出て行きました。

Aさんは、仕組みを解明するのが好きで好きでしょうがない
という方なんだなと感じました。
なんか、久しぶりに気持ちいい人を見ました。

人それぞれ、「やる気スイッチ」の種類が異なります。
私の場合は、ユーザに直接、「これ大変なんです。なんとかして」
と頼まれるとやる気スイッチが入ります。

自分のやる気スイッチとIT技術者の仕事がうまくリンクされると
仕事が楽しくなりますね。

この記事の感想をお願いします。(チェックして、下の無名ボタン(←bug)をクリック)

View Results

Loading ... Loading ...